EAP / メンタルヘルス

EAPとは?

EAPとはEmployee Assistance Programの略で「従業員支援プログラム」のことをいいます。 EAPは、1984年アメリカの政府機関が公式に規定を作り全米の企業に普及し、現在では従業員の心の健康をサポートするメンタルヘルスケアのプログラムとして高い評価を得ています。

従業員のメンタルヘルス対策において、先駆的な存在であるアメリカでは、フォーチュントップ500の90%以上の企業がEAPを導入しています。EAPを導入した企業では、従業員による事故やミスが減り、欠勤などによる労働損失が減少。 職場の環境が改善され、従業員の生産性が向上したということが実証されています。

EAP導入のメリット

EAPを導入することによる最大のメリットは、従業員の生産性向上です。 メンタル不調を抱える従業員は、生産性が著しく低下してしまうことが知られています。 また、上司や同僚など周辺の方への負担も増大してしまうため、組織全体の生産性に対して影響を及ぼす場合があります。

2015年12月からストレスチェックが実施されておりますが、その結果をどう活かしたら良いかわからない企業がほとんどです。また多くの中小企業ではEAPにコストをかけることすらできていないのが現状です。

EAPの導入は、企業の健康経営につながるだけでなく、医療費の抑制につながります。メンタルヘルス不調者を出さないための取り組みは、有能な人材確保に極めて有効な手段なのです。

お問い合わせはこちらから

具体的な活動内容

アムズ・メディカル・コンサルティングは、これまで各企業や自治体協力のもと、企業の福利厚生としてウェアラブルデバイスを用いた実証試験を行っています。

平成28年度実績
東京都、秋田県仙北市、長野県北安曇郡(順不同)

  • 1)メンタルヘルスセミナーの実施
  • 2)社内担当者への教育
  • 3)産業医、主治医、社内担当者の調整
  • 4)メンタルヘルス不調者、休職者の個別カウンセリング
  • 5)従業員のセルフメディケーション指導プログラム

ウェアラブルデバイスを使ったメンタルヘルスケア

被験者の生体データは「暗号化」された上で通信されます。私たちはサイバートラスト株式会社(本社:東京都)による多要素認証(IDやパスワード以外の複数の認証)技術を用いておりますので、被験者のプライバシーを保護することを最優先に考えています。

ストレスチェックを行ったあと、ウェアラブルデバイスを活用したカウンセリングプログラムを実施し、隠れ高ストレス者の洗い出し〜フォローアップまでを行っています。